×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファイナンシャルプランナーの資格試験の難易度や合格率について。

ファイナンシャルプランナーの試験と合格率

スポンサード リンク

ファイナンシャルプランナー(FP)は、2002年4月から登場した「FP技能士」という国家資格の保有者のことです。資産の運用やプランについてアドバイスをしたり相談を受けたりすることを専門にする職業で、独立開業いわゆるフリーランスとしての活躍も多くできることから、目指す人が増えている人気職種です。受験者の多いファイナンシャルプランナーの資格試験ですが、合格率は比較的高く、試験準備をしっかりしておけば、そこまでの難易度はありません。テキストや問題集もたくさん出ているので、過去問題集などを利用して傾向を把握し、仕事の内容について勉強を重ねれば、約6割の正解率でファイナンシャルプランナーの資格試験には合格すると言われています。

ファイナンシャルプランナーの仕事

ファイナンシャルプランナーというのは具体的に言うとどのような仕事なのでしょうか?フリーのファイナンシャルプランナーが増え、また資格試験の受験者も増加を続けている、人気の職業ですが、どのような知識が必要なのか、調べてみました。ファイナンシャルプランナーとは資産設計をする仕事です。企業や事業の経営に必要なだけでなく、個人の資産管理にも大きな役割を果たしてくれます。ファイナンシャルプランナーの資格をとって、企業等の資産についての提案やプランニングをするコンサルタントになるなど、それを生かした仕事もできますが、自己の財産、資産を無駄なく管理し、生活を豊かにするために運用するなど、その知識を発揮することが出来ます。

求人に強い、ファイナンシャルプランナーの資格

金融機関、住宅、不動産、保険などの様々な分野において活躍できるファイナンシャルプランナーのニーズは当然高く、求人も増えています。資格をもてばそれだけ、それを発揮できる場も広がると考えてよいでしょう。自身のキャリアや収入アップにつながるばかりか、自分の資産の運用についても的確な判断ができるので、税金やローン、保険など、生活に深く関わるライフプランの最適化を効率よく行うことが出来ます。企業のコンサルタントとして活躍するファイナンシャルプランナーは、その実績によっては高額な報酬を手にすることも夢ではありません。さまざまなマネープランを提案し、企業の資産運用の一端を担うファイナンシャルプランナーは高い評価を得ています。